熊猫日誌

熊猫の物置的記録処

献血。

今日はお休みだった。
一日のんびり引きこもる予定が、用事ができて池袋へ出向いた。二箇所ほどでのお買い物。

まず一箇所で済ませたところで、ふと思い出した。
献血のことを。
たまたまTwitterのタイムラインで見かけた。どこかの公共施設でやりますよーというもの。たいてい私の行ける時間帯ではないけど。
池袋には、献血ルームがある。
前は池袋西武にもあり、そこには結構行っていた。懐かしいな、いつ頃だっけか。
幸い時間もあるし。ということで、行ってみた。

池袋の献血ルームは、広くきれいな所で、なかなかの賑わいだった。献血で予約を受け付けているのは、知らなかった。
もちろん献血カードは無い。調べてもらったら、なんと履歴が残ってた。
前は、1998年8月。覚えてる。友だち(現夫)と飲みに行く前に、時間があったから行ったんだけど、その後で悪酔いして倒れている。当たり前だ。採るなら飲むな。飲むなら採るな。
それから何となく疎遠になっていた。大きな病気もしたし。

けど、またこうして始めるのもいいかもしれない。なんてのんびり待っていた。
最初に医師による問診。それから少し採血して、検査。それをクリアして、始めて献血ができる。

ところが。

私の血管は表に出づらく、看護師さんを泣かせたことがあるほど。
最近は皆さんがあっという間に私の血管を捉えてくださるので、すっかり忘れていた。
今日の採血の人は、見つけられなかった......。
悪戦苦闘していた。1回刺されたものの、違っていたらしく、採血できなかった。

腕を温められ、さらに水分をたっぷり採ってくださいと言われた。その時点で私は非常に面倒になってしまい、今日は諦めることにした。

結構ショック。

とりあえずカードを再発行してもらえた。

f:id:meimei0430:20210413223024j:plain

ああ、懐かしいね。
けれどこれは冊子形式ではなくて、ホントにカード。
裏は、

f:id:meimei0430:20210413223045p:plain

2回しか書かれていないけど、カードは2枚目まで行っていたからかもしれない。

平成10年だって~~。

リベンジはしたいけど、どうかな。

また採血できなかったら、私、きっと落ち込むだろうな。

歩く。

我が家は最寄駅から歩くと、30分くらいかかる。
正しく測ったことはないけど、だから2kmくらいはあると思っていた。

ところが、今しがた検索してみて驚いた。

2kmしかないと思っていた往路が、3.1kmあった。
その検索地図では、徒歩では41分かかるらしい。
毎朝歩いているけれど、30分程度で到着する。おそらくうちの方が高台だからかもしれない。

そして復路は3.2kmだそうな。
こちらは先日、かかりつけ医にご指摘いただいて、知ってはいた。
けれど往路にはびっくりだ。最短距離だと思っていたのだから。
調べると2.7kmの最短ルートが出てきた。......ああ、そうかもしれない。でも何かイヤなんだよね、あっちは。
(往復でルートを変えているのは、帰りはできるだけ明るい道を選んでいるため)

自転車はとある事情により、私は所有していない。車も無い。
バスに乗ることもある。少し遅れ気味になった時とか、帰りにひどく疲れている時や嵩張る物を持っている時とか。(逆に雨や雪の時は使わない。混むから)
けど待つ時間や、最寄りバス停まで10分近く歩くため、メンドクサくなって歩いてしまう。

けど、今年の1月半ばまでは、バスを使う頻度は高かった。疲れるし寒いしで。
それが変わったのは、体重計に久しぶりに乗ったことがキッカケだった。

これまでの人生最大重量だった。
うそん。
しかし無慈悲なデジタル体重計は、ひどい数値を出していた。

これは、ヤバイ。


まずはスマホにアプリ『あすけん』を入れた。
実は以前にも入れていたのだけど、続かなかったのだった。今度も続かないかもしれないけど、気が動転して入れてしまった。
そして毎日体重を計ることにした。それをiPhoneの『ヘルスケア』に記録する。この体重・体脂肪率は、自動的に『あすけん』に入る。
睡眠時間も『ヘルスケア』に入力していくと、『あすけん』に連動する。
そして『あすけん』に食べたものを入力していく。
いつまで続けられるかわからないけど、始めてみた。

しかし運動はどうにもならない。
若い頃はジムに通っていたりもしたけれど、そんな予算と時間は無いし、そもそもコロナ禍では難しいのでは......。

とりあえず歩いてみることにした。

朝夕のバスをやめて、ひたすら歩く。往復で4kmちょっと(当時の感覚)だけど、結構な運動量になるかもしれないし。

そんな感じで歩き出した。
そしたら結構な歩数を歩いてた。

 

f:id:meimei0430:20210411153039j:plain

歩数が少ない日は、ほぼ引き篭もりだった日(土日祝)。
これ、距離にすると、こんな感じ。

f:id:meimei0430:20210411153059j:plain

かるく10km越えている日があるじゃないですか......。
もっともこの日は柳原さんのライブの日で、友人と歩きまくっていたからわかる。しかし平均が7.1kmて。

体重・体脂肪率はやがて、自動的にスマホにデータが飛ぶタイプのものを購入して、体重計の数字を見ながらスマホに入力するという面倒臭さからは解放された。
『あすけん』はまずは一週間続けることを推奨されるのだけど、なんと今日まで続いている。74日間達成。自分でびっくり。

体重はこんな感じ。

f:id:meimei0430:20210411152939j:plain

一段で1kg。つまりは3kg強、減らせた。

これだけ歩いているのに、あまり減ってないようにも思えるけど、50代であれだけ甘いものを食べていたら、上等では。
むしろ急激な減少はやめろと、かかりつけ医には言われている。

私は脂肪肝予備軍で、定期的に検査をしていただいているのだけど、3月のは数値がすべて正常値だった。
これはいい。
これから老いていくにあたって、足腰のトレーニングは必須。体重も調整できて、一石二鳥にも三鳥にもなるかもしれない。

今の体重は、コロナ前に戻っただけ。目標までにはまだまだある。もっと続けてみようと、決心した。
『あすけん』は、プレミアム登録した(有料)。
そしてまだしばらくは、歩き続けるつもり。

ただ、少し先の時期が心配。真夏。
夏の朝は歩けない。日差しを遮るものが、自分の日傘しかないから。それでも汗だくになる。
だからこれまでは、夏場だけはバスを使うことにしていた。以前は「暑いから」と帰りもバスを利用していたけれど、今年は汗だく覚悟で帰りは歩いてみようか。

真夏の夜、東京の片隅に、ひたひたと歩く汗だくのおばちゃんが現れる(予定)。

ダイエットお休み日。

昨日は、柳原陽一郎さんのライブに行ってきた。
チケットは抽選だったけれど、なんと当選。同じく当選した友人と待ち合わせて、出かけた。

ここ数ヶ月、ずっとダイエットをしていたけど、この日ばかりはお休み。けど、朝はりんご半分だけにしておいた。

まずはびっくりドンキー

f:id:meimei0430:20210404210222j:plain

実はこれが私のびっくりドンキー、初体験。
前に「行ったことない」と呟いたら、ちょっと反応があった。特に北海道民の方々からは熱いオススメが。
この日は会場が水道橋から近いところだったため、東京ドームシティの中のフードコートに入っている店舗にした。
最近ハンバーグにはまっていたのだけど、一番美味しかったかも。あとこれも強いオススメをいただいていた“いちごミルク”も、好きな味だった。これはまた食べたい。


その後東京ドームの辺りをウロウロし、水道橋駅前のエクセルシオールカフェに。

f:id:meimei0430:20210404210244j:plain

でへへ。

空いていたこともあり、わりと長居してしまった。


ライブの後は、友人と若いファン友だちとの3人で移動して、池袋の某ホテル地下にある中華料理店へ行った。
友人が、そこで使える5000円分のチケットを持っていたから、そこにした。逆にそれがなければ、たくさんの飲食店をさまよい歩くジプシーになっていたかもしれない。

f:id:meimei0430:20210404210302j:plain


f:id:meimei0430:20210404210318j:plain

五目焼きそばと、杏仁豆腐。

3人で取り分けたりするのも面白かったろうけれど、このご時世ではちょっと。テーブル真ん中に透明な仕切り板があったし。
あえて街中華みたいなメニューを選んだけど、具がたっぷりで美味しかった。そして量も結構ある。

杏仁豆腐はプレーンと桜から選べるとのことだったから、桜を選んだ。そしたら香りが素晴らしく良い。美味しくて、3人で思わず歓喜の声をあげてしまうほどだった。


この日の体重は、朝起き抜けに測った。(いつもは、帰宅後お風呂&夕飯前)
そしたらダイエットを始めて以降、最少重量。
でも少しは戻ったろうな。
今日は体重計に乗るのが怖い。
 

卑屈でごめん。

すぐに記事を削除するかもしれない。

私は楽器に対して、コンプレックスがある。
弾ける楽器はひとつも無いのだけど、弾けないことについて申し訳ない気持ちが強い。
そして弾けない自分にも、腹が立つ。

練習していての感情ならまだしも、しない状態でこれ。練習していないなら、出来なくて当たり前。練習すればいい。
けど、練習する気になれない。どうしても。

楽器の練習をする時間があるなら、もっとお話を書きたいし、絵も描きたい。というのが一番の理由。だけど、かといってお話を書いているのか絵を描いているのかと問われれば、違う。そちらはもう永いことスランプ状態。

数年前に、ベースを習っていたことがある。
たまから柳原さんが抜けた後のキーボードをつとめた斉藤哲也さんのレッスンを、数回受けていた。鍵盤はしっくりこなかったけれど、「それじゃこっちは?」と渡されたベースがなんだか合っていた。中古のを自分でも購入して、それを背負ってレッスンに行っていた。
レッスンは楽しくて、それなりに練習していたと思う。

けれど、他の生徒さんたちと合奏をし始めたあたりから、楽しくなくなった。
「うまくなくて、ごめんなさい」と思うようになった。
そこで知り合った方が、私のことを知っていた。「ライブによく行かれている方ですよね?」と訊かれ、そうですと答えた。彼女も行っていたらしい。過去形。何故かと言うと、「ライブに行くよりも、今は自分で練習したいと思うようになったから」らしい。
そう思うこともあるんだろう。ひとそれぞれ。それはわかる。けど、「そのくらいの覚悟で練習しないと、この中では弾けないのかもしれない」と思った。

もっと時間を割いてレッスンに行き、自宅でも練習しなければならない。
でないと、他の皆さんの迷惑になる。
ライブに行かないで練習しなければいけない。

そういうことじゃないとはわかっていたけれど、そんな気がして仕方なくなった。

夫も友人も、練習に付き合ってくれたりもした。けれど、すぐにそれも無くなった。仕事の都合とか、そういうことだとわかっていたけど、「私が下手だから、一緒にやりたくないんだろう」と思った。素人に時間を割くよりは、自分の練習の方が大事だから。
やがて諸々の事情も相俟って、レッスンはやめてしまった。

ここまで書いて、つくづく卑屈だなぁと思う。
でもこういう性格なのは仕方ないし、直せと言われたら言った人からは離れるしかない。おかしなプライドだけは立派。

先日、ふと囲碁をやってみようと思い、夫のアドバイスで某アプリをスマホに入れて、練習し始めた。将棋はわかる。けど囲碁のルールは、なかなか頭に入って来なかった。今は何とかわかるけど、対戦できるレベルではまったく無い。
夫は私が理解できないのが、わからないようだった。

これ、過去に似たようなことがあったな、と思った。
何人かと楽器を持ち寄って遊んだとき、「ミキさん、次はC!」と指示された。けど咄嗟にCを思い出せなかった。頭が真っ白になったまま。楽器を投げ出して逃げたくなった。「わかんないよ!」と逆ギレした。
そしてさらに記憶は遡る。

小学生の頃、音楽クラブに入った。
フルートをやってみたかった。けど数本しかないのに、希望者がかなり多かった。そうなると自分で買って準備するしかない。
母にお願いしてみた。本当なら私にピアノかバイオリンを習わせたかったと言っていたから、買ってくれるかもしれないと思って。けど家族で楽器店に行って値段を見て、母は怯んだらしい。
「どうせ上手く吹けないんだから、諦めなさい」
代わりに歌謡曲のレコードを数枚買ってくれて、「これならすぐ聴けるでしょ。楽器は上手く弾けないんだから他の子に譲りなさい」と。
レコードは嬉しかったけど。
結局クラブであてがわれたのは、他になり手がいなかった大太鼓。
バレエをやっていたおかげでリズムを取るのは好きで、だから太鼓は面白かったけど。

そういえば万事がそうだったなー。
裁縫やら編み物やら料理やら。母には必ず「そうじゃないでしょ」とダメ出しされた。何かしら文句をつけないと気が済まない性格なのだけど、私は彼女から一度も褒められたことがない。
むしろ「どうして(すぐに)上手くできないの?」と責められた。
テストで良い点を取って学年5位に入っても、最初に言われたのは「どうして1位になれなかったの?」だった。
漫画を描いて準入選した時も、「もう気が済んだでしょ」と、早く結婚相手を探すかちゃんとした会社に就職することを求められた。
40過ぎで初めてショートショートが入選して、単行本に収録された時も、「まだそんな実にならないことをやってたの?」と言われた。本を渡そうとしたけど、「そんな素人の話は面白くないから」と突っ返された。

何でもかんでもすぐに上手く出来ないといけないって、いつの間にか思い込んでた。
もちろんすべて母のせいでは無いし、私の元々の卑屈な性格も悪いんだけど。
上手くできないことに対して、恥ずかしい。申し訳ない。
だから夫とか友だちから教わることができない。

囲碁もすぐに理解できなくて、夫に申し訳なくなった。
気がついたら、涙が止まらなかった。

「なんで泣いてるの?!」と驚く夫に、泣きながら説明をした。
けど理解できなかったらしい。「それ、泣くほどのこと?」と言われて、自分がおかしいんだろうとわかった。「母と娘の間には、色々あるって言うからなー」とか何とか言ってたけど、他人(配偶者だけど)に理解を求めたのが馬鹿だった。
きっと私のこの性格は、死ぬまでこうだろうと思う。

今友だちの一人が、私にウクレレを作ってくれている。
本当にかわいらしくて、音も良くて、楽しみ。コロナのせいでなかなか会う機会が無いから、受け取ることができないでいる。
でも受け取れたとしても、弾けずに部屋のオブジェになるだけでは?と思う。ベースと一緒に、部屋にただあるだけ。それが今から申し訳ない。
私なんかよりも、もっとかわいがってくれそうな人の手に渡った方が、ウクレレにとっても幸せだろうに......。

マグボトル。

先日、ニヒル牛でバッグを買った。

f:id:meimei0430:20210330225542j:plain

すごく素敵。
早くこれを持って、お出かけしたい。

両サイドにはポケットがあり、小さなペットボトルくらいは入りそう。これからの季節は、とても良いね。

それじゃ、小さなマグボトルを買えばいいんじゃないかな。ペットボトルだと、冷たいものは結露が出るから、バッグが濡れちゃう。

マグボトル、今持っているのはこれ。

f:id:meimei0430:20210330225557j:plain

数年前に買ったマグボトル。買った当時は、白と黒っぽいのしか選べなかった。
確かこれは500mlだったから、バッグには大きいかも。買うなら少し小さめの300〜350mlくらいかな。200mlだと計量カップ1杯分。それじゃちょっと少ない気がする。

Amazonで350mlのを見つけた。同じタイガーの製品で、色が好きな感じ。

f:id:meimei0430:20210330225619j:plain

これを昨夜買った。

さー、届くのが楽しみだなー♪とワクワクしていたけれど、今日この白いマグボトルでお茶を飲んでいて、なんの気なしに底を見た。

f:id:meimei0430:20210330225648j:plain


あれ?

0.3L。すなわち、300ml。

え? あれ??


帰宅すると届いていたから、並べてみた。

 f:id:meimei0430:20210330225707j:plain


ほぼ同じやないかーい。


少しだけ背が低くなっていて、太くなっている。持ちやすいのは白い方かもしれないけど、オレンジ色の方が飲みやすそう。しかもオレンジ色の方が軽い。

結果オーライ。
けど自分の思い込みの酷さに、愕然としたというお話。

 

パンダの足あと更新。

日曜日に雨。

午前中のうちに少し寝てしまって、午後はまったりとしながら過ごしていた。
そのまったりついでに、書きかけの音旅エッセイもどきを更新。

note.com


これの次の「その6の4」も書いて、「その6」はおしまい。
次はこの旅の翌月、大阪と岡山。
どちらも初めての会場。書くのが自分で楽しみ。

ところでnoteのテキストって、記事の間に画像が入れられないと思っていたんだけど、出来ると何かで知って愕然とした。
実はこの時より前はあまり画像を撮っていなかったけど、次からは結構撮っているから、何を載せるかに迷いそう。

乞うご期待。

さくら、さく。

明日の天気予報は雨。
ということは、買い物は今日済ませた方がいい。
つげ義春大全』の最終配本が、今日発売とのこと。取り寄せしてもらっている書店は、駅前。しかも本日はポイント2倍(重要)。行かねば。

ついでに歩きながらだけど花見もすることにした。

f:id:meimei0430:20210327231643j:plain

最寄駅から北方面のバス通りは、桜並木が続いている。2キロ以上。
満開で見ごたえあるものの、だから人通りも多かった。
自転車の往来も多い。気をつけながらの花見。

最寄駅に着いて、書店で本を買い、さらにホームセンターへ向かった。
最寄駅-ホームセンター-自宅は線で繋げると、およそ正三角形になる。一辺が2~3キロ強。

運動不足解消のためというのもあるけれど、ちょうど良い交通機関が無い。自転車は私は持っていない。歩くしかない。

f:id:meimei0430:20210327231749j:plain

f:id:meimei0430:20210327231702j:plain


キレイだし、気持ちよい天気。
これで背負ってるリュックが軽かったらよかったのに。

この街にやってきたのは2002年。
それからずっとこの季節は、桜を見てきた。飽きもせずに。
夫と吉祥寺・井の頭公園に行って、缶ビール片手にブラブラ散歩しながら花見をしたこともあったけれど、ここ数年はタイミングが合わなくてひとりでこうして歩きながらの花見ばかり。
諸々注意が必要だけど、歩きながらの花見もまた楽し。


結局、8キロほど歩いて、帰宅。

f:id:meimei0430:20210327231728j:plain

今年もよく咲いている。